pythonのインストール方法

近年プログラミング言語のトレンドとして、AIや機械学習などの分野で使われているpythonが徐々に人気となっています。このpythonはライブラリが豊富にそろっているので専門知識がない方でも書きやすいプログラミング言語となっています。是非この記事を参考にpythonを始めてみて下さい!

pythonとは?

プログラミング言語は大別すると「コンパイラ言語」と「インタープリタ言語」に分けることができます。プログラミングで実際に書いたコードは「機械語」と呼ばれる0,1の2進数で書かれたものに翻訳され、それを機械が読み取ることで実際に動かしています。この翻訳という作業の仕方が

  • コードすべてを翻訳し、その翻訳したファイルなどを機械側に読み込ませる・・・コンパイラ言語
  • コード1行筒に対して翻訳、実行をする。・・・インタープリタ言語

と分けられます。

今回扱っていくpythonはインタープリタ言語と呼ばれるもので 、特徴としては

  • 言語がc言語などの機械語側に近い古い言語よりも新しいため初心者の人でもコードを書きやすく、読みやすい。
  • ライブラリーが豊富にそろっているため簡単にプログラムを実装できる。

などがあります。pythonの弱点としては、インタープリタ言語のため処理速度が遅いというのがありますが、ライブラリがc/c++などで最適化されたコードで書かれているためほかのインタープリタ言語に比べると処理速度は遅くはありません。

大学などの授業でc言語などのほかの言語を学んでいる学生の方もpythonを学んでみると自分の学んでいる言語との違いや長所などがわかってくるのでとてもおすすめです。

具体的なインストール方法

普通プログラムを動かす際にはコードエディターなどにプログラムを書き、それをコマンドプロンプトで実行することで動かしていきます。

しかし初学者にとっては実行のたびにコマンドプロンプトを使うのはかなり面倒くさいと思います。

そこで使われるのがIDE(統合開発環境)と呼ばれるもので、pythonではanacondaと呼ばれるIDEが一番人気があります。

なので今回はanacondaについて説明していきます。

anacondaのインストール方法に関してはpython公式ホームページにダウンロードの仕方からインストールの手順まで詳細に載っていますのでにぜひそちらを参考にしてみて下さい。

anaconda インストール方法(日本語版)

anacondaの公式ホームページ(英語版)はこちら!

anacondaを実際に動かしてみよう!

では、実際にanacondaを立ち上げてみましょう!ぼくのPC はOSがwindowsなのでここからはwindows環境で立ち上げてみます。

まず、windowsの検索バーの欄に「anaconda」と打ち込んでみましょう。

打ち込んでみると、anaconda Navigator というものが出てくると思います。

では、それをクリックして立ち上げてみます。

基本的にはjupyter notebookかSpyderを使用する感じになると思います。

すると、上の画面のようなページになったと思います。この anaconda Navigator ではライブラリのインストールから仮想環境の構築まで簡単にできるので初心者の方は基本的にこの anaconda Navigator をつかって作業を行っていくことになると思います。

jupyter notebookを使ってみよう!

上の画面にあるjupyter notebook というものは一種のwebアプリケーションのようなもので、ブラウザ上で実際にpythonコードを動かせるものになっています。

実際に動かしてみました

実際に動かしてみると、上に示した画像のようにMicrosoft Edgeやgoogle chromeなどのwebブラウザ上でpythonコードが動いているのがわかると思います。

このjupyter notebookはウェブブラウザ上で手早くコードを動かすことができるので一番おすすめです!

Spyderを使ってみよう!

jupyter notebookは簡単にブラウザ上で動作させることができるのでおすすめですが、コード予測機能などはついていないので長いコードを一から書くのには向いていません。長いコードを書く際にはSpyderをお勧めします。

では、先ほど説明したanaconda NavigaterからSpyderを立ち上げてみましょう!

実際に立ち上げた際に表示される画面

実際に立ち上げてみると、上の画像のように画面上に表示されたと思います。(背景などを自分でカスタマイズしているので少し見た目が異なるかもしれませんが気にしなくても大丈夫です。)

このSpyderはコード予測機能や、プログラム上で扱う型やサイズ、値の情報も実行後に表示されるためバグなどが生じても比較的対処しやすいと思います!

プログラムを動かしてみると・・・

実際に例として画像のエッジ検出のプログラムを動かしてみました。

右上に表示されている表を見てみると変数の名前、型、サイズ、値の情報が書かれていることがわかると思います。

画像やビッグデータを扱うプログラムを書く際にはこの表に記載されている情報がプログラムを書く上でとても重要になりますのでとても便利です!

まとめ

今回はpythonを実際に動かすための方法について説明しました。今後様々な分野でAIの知識が活用されていくことになると思うのでぜひいまからpythonを使って機械学習などの分野を学んでみて下さい。また、pythonはwebアプリケーションを作ったりなど学術分野以外のところでも使われているのでとてもおすすめです!

東京農工大電気電子工学科所属の大学生 趣味:ショッピング、スノボ、映画鑑賞 大学の情報と学んだ知識をアウトプットしていきます!
投稿を作成しました 13

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。